読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

宇宙人アイドルのおはなし

Chack-UPにハマったのは不可抗力だった、と思っている。

"ドルステ”というジャンルは知っていた。
俳優さんたちが舞台上でアイドルを演じる、演劇パートと、ライブパート。
私は元々アイドルが大好きだ。そんなもの絶対にはまってしまう。
俳優界の自担(以下:推し)がゲストで出た、初演少年ハリウッドでその威力を知ってから、あえて避けていた。
見に行かない 調べもしない 噂レベルでしか関わらない。
大手J事務所の大所帯アイドルで手いっぱいなんだよこっちは!!!

 

そんな私に突然ふりかかるネルケの罠。
2014.11月、推しの主演舞台が決まった。*1
全15公演のチケットをためらいなく全て揃えた。
後出し発表されたのは
「Chack-up全公演ゲスト出演決定!~アフターライブもあるよ~」的なヤーツ
今考えると釣り餌にしてはよくみんな集まってくれたなとさえ思っている。
全然知らないなぁ、この子は次のミュキャスに決まってるってTLに流れてきたな…あっ!でた!!これ鍋の子じゃん!

キャストを見てもそれくらいだったなぁ。

 

宇宙人アイドルとは???AnotherWorld???
チャックアップを最初に知った時に誰しもが通る”設定”の複雑さに混乱しつつ、既にファンだった友人から少し説明をうけることができた。
「火星とか土星とか、まあセーラームーンみたいな感じ。めっちゃブルーハーツみたいな曲ある」
なるほど気になる。
どうせチケットは全部あるんだし、アフターライブくらいなら短いし、見ても平気だよね。
根拠ない自信を胸に待っていた終演後、いきなり知らない人に肩をたたかれる。
?「あのー、チャームさんですか?」
私「…???」

ヒント:チャックアップのファンのことをチャームと呼ぶらしい。いやいやいやそれ世界共通語だと思うなよ!?!?

私「…?主演の子のファンですけど…」
?「今からライブなんで座席代わってもらえませんか?」
私「えっいやです(食い気味」

通路側席は私がFC先行でとったんじゃ!!!!
忘れられない突然の攻防を繰り広げたあとは楽しくライブを見ました!

 

その日のツイより★
【メンバーの感想】
「青の子の踊り方がすごく軽くて、緑の子は顔は入江じんぎくんに似ているけど
動きがどことなく近江くんを彷彿とさせて、
赤の子は平牧さんに似ていて、
白の子はやっぱりアレクサンダーに似ている」
【曲の感想】
「楽曲はどれも可愛かったですー!銀河伝説ライジング!ってやつが一番盛り上がって、お気に入りになりました!ブルーハーツ曲って教えてもらったやつが思ってたよりブルーハーツでわろた」

この時点でドルステという特殊な文化に少し否定的だった感情をねじ伏せるほどライブは楽しかった。
ほらだから言ったじゃん!私はアイドルが好きなんだってば!!
この設定についていくのは大変そうだな、と一線引いていたつもりだったが、何よりさすがネルケなので楽曲がどれもキャッチー。
複数のキンブレを振るファンとめっちゃ揃うコール。
ただぼんやり見ているだけでも面白くないので
どの子がいいかなゲームをしてしまったのが、自分で自分にとどめを刺した瞬間でした。

 

「青の子………」

 

ダイイングメッセージかよ
きっかけは至って簡単。私が小さい頃から好きな色が「青」(大本命は水色)だから。必然的に目で追ってしまう。
寒色がいいな~緑か青かな~青の子アクロバットできるんだ
青の子色白いな~青の子のダンスやっぱいいな~声もかわいいな~
青の子…水星の子、ミミタ…ミミちゃん可愛い!!!!!
すっとーんとここまで2週間のできごとでした。
千秋楽前には私は水星人ミミタくんにお手紙を2度書いていました。
客席登場の時に彼が停止する位置どんぴしゃの通路側に
たまたま2回も座って近くで拝んで微笑まれたら、なんかもうそういう運命なんじゃない?って自分を甘やかしたくもなるじゃないですか?
好きな色がメンバーカラーだったからってそんなことある?とは思うけれど
青を背負う子は色白華奢が多い=私の趣味に合うことが多いんだ、きっと。

 

しかも水星の昼夜の寒暖差みたいに、昼公演と夜公演でキャラ変わるんだよ?
やっぱりその設定オタク向けすぎない?

 

銀河伝説における彼のパートの一つ

「好きになってね」

というフレーズが今こんなにも重く感じるとは。
見事なまでに好きになってしまったではないかどうしてくれる。
好きになってねとか言っておきながら彼(原則に言うと彼の中の人)は
その舞台の後すぐに、テニミュ*2という別作品への出演が決まったため
2年間のスリープモードにはいりました。
それを知ったうえでやっぱり彼のパフォーマンスが好きだなと思ってしまったし
気づいた時にはチャックアップもCUFもSOJ選抜クラス*3
皆可愛いからしょうがないよね。

 

全員事務所もバラバラ。一つの舞台作品から生まれたアイドルグループ。
他の作品への出演が決まれば全員揃わないことだってある。
いつまで続いてくれるのか 次はだれがいてくれるのか
考えたって答えはないのだけど
水星ちゃんが起きるまでの2年間私はどうにか過ごしてこれたのだからきっと大丈夫。
我儘かもしれないけれど、7人が揃うライブがいつか見れると信じたいのです。
好きになったきっかけ書くつもりが、最後はやけに哀愁漂わせてしまった。

 

とにもかくにも、あの秋以来私はすっかり チャーム になったのであった。
私はChack-upと出会って好きになったことは
最高に不幸で最高に幸せなことだと思っている。

*1:コミックジャック初演

*2:テニスの王子様ミュージカル

*3:この辺はググるか聞いてくれ